製品紹介:起立試験モニタ きりつ名人

  • Home
  • 製品紹介 歯科治療用
  • 製品紹介 医科診断用
  • サポート
  • 会社案内
  • お問い合せ
  • 血圧・脈拍
  • 血中酸素飽和度
  • 治療名人表示
  • きりつ名人表示
  • データ保存・プリント
  • ECG波形
  • お問い合せ
  • 資料請求
  • 購入希望
※Circlemates、きりつ名人のセットです。

起立試験でわかる心身予備力(自律神経機能・循環動態)

能動的な起立負荷試験で自律神経( 交感神経・副交感神経) の変化と循環( 血圧・心拍) の変化を診ると、見えなかった自律神経機の機能、循環の機能が見えてきます。

 

自律神経は、常に交感神経と副交感神経のバランスを変化させながら、刻々と変化する環境ストレスに対応しています。交感神経、副交感神経のスイッチが適切に切り替わるという機能が重要です。

 

自立神経と症状の関係交感神経、副交感神経の機能が亢進したり低下すると、不必要な時に暴走したり、必要な時に働かないといった自律神経の機能不全が生じます。循環は刻々と変化する環境ストレスに適切に対応できるという機能が重要です。機能が亢進したり低下すると、血圧、心拍が必要以上に増加したり、必要量まで増加できないといった循環の機能不全が生じます。

 

自律神経の機能不全による起立性調節障害(小児から成人まで)、糖尿病の重症化、高齢者の転倒、更年期障害、たちくらみ、めまい、疲労感などに代表されるいわゆる不定愁訴(老若男女問わず) は、近年の生活習慣の影響で増加の一途を辿っています。

 

診断情報のひとつに自律神経機能・循環機能の項目を加えることで、患者様に感動的な満足を施すことが可能になります。

起立試験の測定原理

能動的起立負荷により、自律神経と循環の変動を合わせて評価

起立すると重力負荷により、下肢および体幹の容積静脈への血液(1⁄2~1L)の貯留が起こります。 大動脈弓および頸動脈小体の圧受容体は, 速やかに血圧を正常化させる自律神経反射を促進させ、 交感神経を亢進、副交感神経を抑制することで、心拍数および収縮力を増大させ、容積血管を収縮させ、血圧を維持します。
立位を続けますと, レニン- アンジオテンシン- アルドステロン系の活性化および抗利尿ホルモンの分泌により、 循環血液量の増加が起きますから、自律神経反射により、交感神経を抑制、副交感神経を亢進することで、心拍数および収縮力、 容積血管の収縮を安静化させ、立位に適した血圧を維持します。
交感神経、副交感神経の機能が低下していたり、過剰に亢進すると、心拍数が急増、急減、または不変のまま、 血圧が低下し失神を引き起こすことがあります。
能動的な起立負荷による、自律神経の変動と循環の変動を併せて評価することで、自律神経の機能を正しく・ 安全に診断することができます。

自律神経のバランス、機能を診断

測定方法

測定方法

  • 座位安静 3分、起立後 約3分30秒の試験です。
  • 血圧測定は、座位安静1分後から毎分6回測定します。
    (血圧測定:オシロメトリック法)
  • 自律神経は30秒後から1拍ごとに解析します。
  • 起立時には音声ガイダンスでお知らせします。
  • 患者様の容態等イベントキーにて記録できます。
  • ※血圧測定なしの場合は約5分の検査です。

画面説明 測定後

いろいろな画面で自律神経の動きを確認(測定後も確認できます)


CCVLF CCV HF トレンド

トレンド

CCVLF CCVHF CCVDC L/H

L/H CVRR レベル

CVRR 自律神経活動・バランス

自律神経活動・バランス

L/H HF


グラフ説明のタグを右ダブルクリックするとグラフが別ウィウンドウで開きます

わかりやすい表示

交感神経と副交感神経・自律神経活動をわかりやすく表示

時間領域解析(CVRR)と周波数解析(L/H)を組み合わせることにより
自律神経活動量・交感神経・副交感神経のバランスをみる
  • CVRR (Coefficient of Variation on R-R interval
  • CVRR:(R-R感覚の標準偏差/R-R間隔の平均値)×100
  • L/H(高周波成分と低周波成分の比 LF/HF)

交感神経亢進例(慢性疲労症候群)

交感神経反応低下例(起立性低血圧)

自律神経活動低下例(パーキンソン)

血圧と脈拍の変化

起立性低血圧

起立性低血圧と自律神経機能の関係がよくわかります。
ストレスに対して自律神経がうまく調節できないと、起立性血圧低下を招くことがあります。
血圧と脈拍の変化
副交感神経の過剰亢進の場合は心拍が減少し血圧が低下します
交感神経が低下している場合は、心拍は増加せず血圧が低下します(シャイドレーガー病、パーキンソン病)
交感神経の過剰亢進によって心拍が増加し心臓の空打ちの状態になって血圧が低下します

血圧と脈拍の変化と関係をわかりやすく表示

血圧と脈拍の変化と関係をわかりやすく表示

絶対値を考慮した表現
最高血圧:200mmHg以上 70mmHg以下
脈拍:120bpm 以上 50bpm 以下
赤いゾーンを重ねる

バイオフィードバック

深呼吸による自律訓練法・バイオフィードバック療法をリアルタイムで体得できます。

きりつ名人所見

自律神経・循環の 状態 反応に基づく 問診が可能に

データ出力

検査結果出力

検査結果出力

■ 患者様用・ECG波形の2 種類
■ 画面表示可能 過去の履歴が表示・印刷できます

データ出力

■ CSV データにて自律神経データ(1 拍ごと) ・血圧データ等出力可能
■ ECG ビューアーにて心電波形を再生可能
■ オプションソフト「バイタルデータプレーヤー」にて再生・分析可能
CSV出力
CSV データ
ECG ビューアー
ECG ビューアー
オプションソフト「バイタルデータプレーヤー」画面1 オプションソフト 「バイタルデータプレーヤー」画面2
オプションソフト 「バイタルデータプレーヤー」

価格

きりつ名人セット

・生体情報モニタ Circlemates
・心電心拍計 LRR
・ソフト きりつ名人

お問い合せ 資料請求 購入希望

製品仕様

メディア CD-ROM 1枚
推奨動作環境 OS Windows XP / Windows Vista / Windows 7
メモリ Windows XP : 512MB以上  Windows Vista / 7 : 1GB以上
ハードディスク 1GB以上の空き容量
画面解像度 1024x768 以上
プリンタ Windowsから印刷できるよう設定されていること

開発・販売元

株式会社クロスウェル 神奈川県横浜市西区岡野1-15-9-301
TEL 045-312-9301 FAX 045-312-9302

その他の製品

生態情報再生ソフトバイタルデータプレイヤー
きりつ名人の記録を再生。
治療後の患者さんへの説明用に、スタッフ内での勉強会に、研究資料としてetc…バイタルデータプレイヤー

スペクトル分析の原理をご説明します。

不定愁訴はほとんどの場合、自律神経の乱れが原因です。

Copyright © 2008 CROSSWELLCo.,Ltd. All rights reserved.