トピックス:起立でわかる心身予備力(自律神経機能・循環動態)

  • Home
  • 製品紹介 歯科治療用
  • 製品紹介 医科診断用
  • サポート
  • 会社案内
  • お問い合せ
起立でわかる心身予備力(自律神経機能・循環動態)

自律神経とは

自律神経は、緊張をつかさどる交感神経と、休息をつかさどる副交感神経からなります。
交感神経は、日中仕事で集中し、能力を発揮するために重要です。 また、副交感神経は仕事の合間の休息などに緊張をほぐしたり、夜に自然で上質な睡眠をとるときに 重要な働きを担っています。
自律神経は、常に交感神経と副交感神経のバランスを変化させながら、 刻々と変化する仕事や対人関係といったストレスに対応しています。

この二つのバランスが切れ、切り替えるスイッチが上手に切り替わらないと自律神経の乱れを引き起こします。 自律神経はどちらかが過剰に興奮し続けるとそれに引きずられもう一方も過剰に働く性質を持っています。 どちらの自律神経の暴走も止まらずさらに加速して不必要な時に働き出すような制御不能の状態になると 色々な症状となって現れます。最後にはどちらの自律神経も働かなくなります。

自律神経は刻々と変化するストレスに対応し、交感神経、副交感神経の働き方を介して重要臓器に指令を出し、 心身の適切な状態を維持するという重要な役割を担っています。自律神経機能が異常になると、自律神経のバランスが崩れるばかりか、 循環機能、代謝機能、消化機能、呼吸機能、体温調節機能、排泄機能、感情など心身の健康を維持する機能に異常が生じ、 さらに進むと疾病を誘引します。自律神経は心身の健康の基礎といえます。

“きりつ名人” は安静時の自律神経バランスを診断すると同時に、起立時の自律神経の機能(闘争モード・休息モードのON/OFF力)と 循環動態を診断します。

ストレス・自律神経・心身の関係

外的・内的ストレスを受けても、自律神経内の「活動をつかさどる交感神経」と「休息をつかさどる副交感神経」のバランスが取れていれば、循環・呼吸・消化・代謝・排泄・内分泌・生殖・体温・精神(感情)・免疫など適切に身体をコントロールできる

“きりつ名人” は安静時の自律神経バランスを診断すると同時に、起立時の自律神経の機能(闘争モード・休息モードのON/OFF力) と循環動態を診断するため、自律神経を正しく評価できます。
血圧も同時測定する為、重症度の評価も可能です。
Copyright © 2008 CROSSWELLCo.,Ltd. All rights reserved.